行政書士なかひろ事務所

 中廣 琢二
男性 39才
私の前職は建設業界新聞の記者でした。情報の収集能力と分析力、そして文章作成にはある程度の自信を持っております。また読者が理解しやすい紙面構成を考えるのも仕事の一環でした。この経験が行政書士として分かり易い資料・書類を作成する上で生かされています。
昨年、商店街が活用できる補助金申請の仕事を受任したのをきっかけに、商店街の活性化に興味を持ち始めました。商店街が地域における役割を確立し、持続的に発展できるスキームを組み立てるお手伝いをしたいと考えております。
補助金申請書類の作成。申請書類を作成するためには、取り組む事業の有用性や実現可能性を説明するだけではなく、商店街の歴史、自治体の政策、地域のニーズなどを詳しく調査して分析する必要があります。また、申請書類を審査する審査員に訴えかける表現力と、分かり易く噛み砕いた文章の作成が得意です。
事業採択された後も交付申請書類や事業実績報告書の作成、各種証拠書類の保管まで気をつけておくことが多々あります。
また、事業に取り組む上で発生する許認可申請や、法律的な見解が必要な場合にもアドバイスいたします。事業が完了するまで、トータル的に商店街をサポートします。
・H27.3月 会社設立手続代理(定款作成、公証人の認証手続代理ほか)
・H27.3月 小規模事業者持続化補助金申請書原案作成
・H27.4月 ものづくり・商業・サービス革新等補助金申請書類作成
・H27.4月 建築系専門学校で臨時講師。
テーマ「まちづくりの方向性を踏まえた賃貸アパート建設の提案について」
※商店街関係の実績は、事業者情報を参照してください。